ホワイトラグジュアリー

セルフケアでシミを消す、または予防する魔法の方法ってあるの?

更新日:

 

セルフケアでシミを予防する魔法の方法はないようです。
地道に改善させたり予防したりするしかないようですね。

セルフケアでシミを予防する3つのポイント

 

この記事ではタイプ別のケア、対策を紹介します。

 

具体的には以下の3つがポイントになります。

美白ケア
紫外線対策
必要な栄養素と睡眠をとること

 

順番にみていきますね♪

 

 

美白ケア《美白化粧品の賢い選び方ってあるの?》

シミをケアしたい方にオススメなのは、見るのが面倒な成分に注目することです。

 

シミ消しに効果的とされている成分としては、

ハイドロキノン
アルブチン
L-システイン

 

が有名ですね。

特に効果が高いとされているのはハイドロキノンになりますが、刺激の強い性質があり、お肌の弱い方には向かないとされています。

敏感肌の方にオススメなのはアルブチンが含まれているものです。

 

また、できてしまったシミの改善や予防のどちらにも有効とされているのが、「ビタミンC誘導体」といわれる成分です。

他にも肝斑には、歴史のある「トラネキサム酸」が効果的とされています。

 

自分のシミのタイプに合わせて選ぶことが必要になってきます。

 

紫外線対策《車内の紫外線にご注意》

シミの原因の多くは紫外線になります。紫外線は季節や室内、室外、天候などに関係なく常に降り注いでいます。ついケアしないことに慣れてしまいがちですが、日常的な対策が必要となってきますね。

 

日焼け止めは使うシーンに合わせて変えてみたり、こまめに塗りなおすなどしないと、本来の効果を発揮できません。

 

日やけどめ効果の期待できる化粧品や日傘、手袋などの」使用が重要になってきます。電車や車に乗られるときには、曇り空でも強い紫外線が車内に降り注いでいることがありますので、注意が必要ですね。

 

 

必要な栄養素と睡眠《食事やサプリメントでの予防について》

普段の食事やサプリメントから、シミ対策に有効な栄養素を摂ることができれば理想的ですよね。ビタミンCUシャンプーやたんぱく質も良いとされています。

 

ビタミンC
抗酸化作用があるのに加えて、美白効果やターンオーバーを促進する効果があるとされています。身近なところではアセロラや焼きのりなどに豊富に含まれています。

 

他にも

リコピン
ビタミンE
ビタミンB群
エラグ酸

 

なども効果的とされていますので、上手にサプリメントも活用してシミ対策にも有効な普段の食事を心がけたいですね。

 

睡眠をしっかりとることがシミに効果的

先ほどご紹介した栄養素と並んで効果的とされているのが十分な睡眠です。

お肌の健康なターンオーバーのためには睡眠による成長ホルモンの分泌がかかせません。

なるべく夜の10時から深夜2時ごろに深い睡眠に入ることが良いとされています。

 

生活習慣を変えれば本当にシミができにくい体になれるの?

シミができにくいお肌づくりのためには、日頃からの適切なスキンケアや生活習慣が大切になってきます。

食事、睡眠に加えて適度な運動をして汗をかいたりすることも代謝をよくするためには効果的です。ジョギングなどの激しい運動が苦手な方には、ヨガなどもおすすめです。

 

できてしまったシミって消せるの!?対策と予防のメソッド

普通のスキンケアでは改善するのが難しく、一体どうやってシミを薄くすれば良いのか知りたいあなたのために、適切なケアをまとめました。

 

加齢とともに無視できなくなってお肌の悩みとして上位に上がってくるシミ。

シミのタイプに合わせた対策と予防をすることが大切です。

 

タイプ別のシミって

シミにはいくつかのタイプがあるのをご存知ですか?

シミのタイプに合わせたケアをしないと、効果的ではなかったり、さらにトラブルを引き起こしてしまうこともあるので注意が必要です。

シミには自分で対処できるものと出来ないものがあります。

 

自分で対処できる【シミの種類3つ】

自分で対処できるとされているシミには3つあります。

 

老人性色素斑

炎症性色素沈着

肝斑(かんぱん)

 

老人性色素斑
一番多い悩みがこのタイプになります。主な原因は紫外線です。
また、加齢とともに濃くなってしまうという特徴があります。

シミができた初期の段階のものほど、美白化粧品によるケアがしやすく、時間が経つほどケアが難しくなってきます。

 

炎症性色素沈着
ニキビの跡や傷跡が原因となる、色素沈着がシミになったものです。
茶色からだんだん黒っぽくなっていくのが特長です。

このタイプのシミは美白化粧品やピーリングケアで、ターンオーバーが適切に行われると比較的改善しやすいといわれています。

日焼けが重なってしまうと消えにくくなります。

肝斑(かんぱん)
目の下の頬骨のあたりに左右対称にできてしまうのが特長のシミです。

主な原因といわれているのは女性ホルモンのバランスの崩れともいわれています。

そのため、3、40代の女性や妊娠中にできてしまうケースもあるようです。

また、女性ホルモンの分泌が安定すると自然に消えるという意見もありますが、セルフケアの際には美白化粧品やサプリのなかでもメラニン色素を抑制するタイプのものが効果的とされています。

 

セルフケアでは対処しづらい3つシミとは

自分で対処するのは難しいとされているシミには3ツあります。

 

そばかす

脂漏性角化症

花弁状色素斑

 

そばかす
遺伝的なものが多いとされています。セルフケアは難しいので、消したい場合は美容医療が求められます。

紫外線により濃くなってしまう特徴があるので、日頃からの紫外線対策が有効とされています。

 

脂漏性角化症
紫外線が主な原因と言われていて、高齢者に多いシミになります。

膨らんだイボのような形で、美容化粧品などでは改善することができないとされ、美容医療による治療が必要となります。

 

花弁状色素斑
強い日焼けが原因となり、顔や首・肩・腕などに花びら状にできてしまうシミです。

海水浴やスキー場などで紫外線対策をしないと、花弁状色素斑のリスクが高くなります。

できてすぐの場合は冷やしてビタミンCを多く摂ることで悪化を防ぎましょう。

できてしまうとセルフケアによる改善は難しいため、美容医療による治療が必要となります。

 

夏の海水浴や冬のスキー、スノボーなどで紫外線対策をしていないと花弁状色素斑のリスクが高くなります。

強い日焼けが原因となって、顔や首だけでなく腕などにも花びら状にできてしまうのが特長です。

できてしまった場合はセルフケアでの改善は期待できないタイプのシミになります。

 

どうしても消したいシミは美容クリニックへ

セルフケアでは対処できないシミには美容クリニックしかありません。

シミ消しのためのレーザー治療や処方箋が用意されていて、費用の問題を除けば時間と手間の意味でのメリットは大きいです。

 

スキンケアのやりすぎにはご注意を

過度なスキンケアは禁物です。

たくさんの種類の美白化粧品を毎日使うことや、洗顔をしすぎるとお肌への負担も増えてしまいます。

ピーリングや洗顔の際の摩擦、またタオルドライの際におはだの上をすらしたりすることもNG ですよ。

 

20代後半の早めのシミ対策が大切

一般的に20代後半はお肌の曲がり角ともいわれています。

手遅れになる前に無茶な日焼けやお肌のズボラケアを卒業して、美しい将来に備えましょう。

ケアを重ねることで内面にも自信がついて、毎日が前向きになってきますよ!

 

シミ対策の口コミはこちら

-ホワイトラグジュアリー

Copyright© ホワイトラグジュアリーの乳首黒ずみ口コミは? , 2018 AllRights Reserved.